Top >  ダイエットの目標 >  ダイエットの倦怠期

スポンサードリンク

ダイエットの倦怠期

ダイエットを始めた当初は、絶対に痩せてみせる、と思う気持ちも強く、やる気はマンマン、意欲に燃えていると思います。
しかし時間が経つにつれて、だんだんやる気も失せてくる。
ましてやダイエットの成果をなかなか感じられずにいると、気がつくといつの間にかダイエット生活が終わっていた、なんていう話はよくあることです。
こういった中だるみ(倦怠期)の時期には、ダイエット持続の動機付けをするようにしましょう。
例えば、1枚の紙を用意し、真ん中に線を引き、貸借対照表を作ります。
その左側には、ダイエットを継続したときの効用を書きます。
痩せて洋服が似合うようになる。
健康になる、エネルギーが増えて疲れにくくなるなど、頭に浮かんだもの全て書いてみてください。
それとは反対に右側には、ダイエットを続けることでどうしても犠牲になってしまうものを書きます。
好きな食べ物(甘いものやお菓子)が食べれなくなる。運動するための時間を作らなければいけないなど。
そして両方を比べて見てください。きっと倦怠期を乗り越え、結果として現れるはずです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 玄米ダイエット  |  トップページ  |  次の記事 豆腐と大豆のダイエット  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「簡単にできるダイエットメニュー」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。